塩漬け株として仕舞う人、損切貧乏になっている人

これは論外だ。だいたい50代~70代のご年配の方がこれで失敗しているほうが多いようです。

まず「塩漬け株」はについてですが、買った値段から激しく値下がりして株価が半分になってしまったといったください。

100万円で買った株であれば50万円になるということです。

この時点で売れば大きな損失になってしまいます。そのため下がってもいつかは伸びるから持っておこうという考え方になり、塩漬け株になってしまうのです。

特に年配の方は「貯金」といった「投資」を同じように考えている人が多く、ずーっと保ち続けていればいつか凄まじく値上がりして大儲けが出来るという考え方があり、「下がっても保ち続ければいつかは報われる」というスタンスになってしまうのです。

しかし、思惑という飛びて下がってしまった場合はいつ自分が買ったところまで値戻しが起こるのか約束はされていません。

1週間後かも知れませんし、下手をすれば10年後、50年後かもしれません。

控える間に会社が潰れてしまう。これでは資産運用は呼べません。

であれば、ある程度のところで見切りをつけて、他の銘柄に乗り換えてその損失を奪い返す行動を取ったほうがよっぽど楽天的だ。

逆に損切は望めるけれどもそれが度を超えて「損切貧乏」になっている人も見かけます。

これは巷で売る株の本によく書かれているのが「損小利大」という言葉に騙されてしまって、損切りしまくって負け込んでいらっしゃるような人だ。

チャート分析だけで株の売買をやっている人に多いのですが、この方は損切りは効率良く望めるわけです。たとえば「買値から何%下がったら並べる」ですとか、「いくらの負債になれば譲る」ですとかルールを決めているからです。

損切りルールを決めることはふさわしいことです。間違ってはいません。損切りしなければ上記で書いたように塩漬け株になってしまいます。

しかし、その売買ルールを繰り返して行った際に資産が目立ちなければ意味がありません。

つまり、塩漬けや損切り貧乏にならないためには「継続的におんなじ売買を行ったときに長い目で見てプラスになるルールですかどうか」が重要に変わるということです。

キャッシングから破産する人の割合

食品系の株主優待なら食べたりすることで消費されるケースが多いですが、商品券、割引券、優待券などは期限が定められていたりすることもあり、場合によっては期限切れ=無駄になってしまうことも多いのではないでしょうか?こうして余った株主優待は早めに売却して効率的に処分しましょう。

株主優待のうち売却に適したもの
株主優待の中でも売却に適したもの(換金性のおっきいもの)は以下の通りです。

ギフトカード類(ただ譲る必要はないかも)
交通割引券(鉄道・バス・航空機など)
テーマパーク・映画等の入場券等(無料券)
その他期限が定められている割引券
基本的にはそういったものが、売り易いものとなります。(1)のギフトカード類は通常期限などがありませんので、そういった期限の無いものは取り扱うまでとっておくというのでもよいでしょう。

ただし、(2)以下の割引券、入場券、無料券などの類は通常、利用期限が定められています。利用する予定があればそのままとっておいてもいいのですが、多分使わないけど、もしかしたら扱うかもしれないからとっておこう、と考えているのであれば、早めに売って仕舞うことをオススメします。

期限のあるものは期限間近には買い叩かれる
こんな期限のある優待券、無料券、割引券などは利用期限が少なくなるほどその魅力が低下します。結果として「ほしい」という人の数が少なくなり、結果として買い叩かれてしまう。
そのため、扱う予定が無く換金性が大きい商品はある程度前もって並べるようにすれば、売れないは僅かでしょう。

販路は金券ショップ?ネット競売?
こんな取り除ける(余った)株主優待の販売は金券ショップといったネットオークションのどちらがおすすめでしょうか?

個人的にはネットオークションをおすすめしていらっしゃる。理由としては、金券ショップの場合はどうしてもショップの抜き分が存在するためです。金券ショップは事業ですから、売り手といった買い手の値段に差をつけて利益を抜いていらっしゃる。
一方でネットオークションの場合、売り手という買い手が直接取引することになるので、理論的にはそのサヤ分得をすることができます。
また、業者ではスゴイ買い取ってくれない商品についてもネットオークションでは買い手が現れる可能性も高いという点があります。

カードローンは返済計画が大切

値上がり率ランキングから株を選ぶ人

これは多くのお客様が株を始めたばかりのときにやってしまってやられるパターンだ。

株を通してどういう会社が上場しているか思い付かがために、手っ取り早く銘柄を知ることが出来るのがこういう値上がり率ランキングだ。

市場は平日毎日相場が開いていますので、その日にどの銘柄が上昇しているのか、買いが集まっているのかが分かります。

そのため値上がり率ランキングに目を付けて、「上がっていく前に飛び乗れ!」という気持ちで買いにいくのです。

しかし、値上がり率ランキングに顔を出したものを貰うは、すでに上がっているものを貰うわけですので、自分が貰う時点で既に厳しい状態にあります。

そのため、「飛び乗ったときが一番厳しいとき」ということが総じて起こります。

これはギャンブルと同じ行為になります。

ランキングに顔を出す銘柄を貰うから、ランキングに顔を出しそうな銘柄を上昇しそうな銘柄を予め見つけて投資をして行くのが上手い株のやり方だ。

バイナリーオプションとFX

これは以前の僕にも当たることになりますが、新鮮な情報こそ株で勝つために最も重要なものであると思っていました。
テレビやニュースの情報で株を選ぶパターンです。

しかし、現に情報で株を選んでいくと既に上昇していたりすることが数多く、情報を軸にして銘柄を見つけようとすると自分が買おうとしたときは既に値上がりしていることが多く高確率で高値つかみできることになります。

そのため、一切情報は遮断して、これから上がりそうな銘柄を進み出す手前で探し当てることに力点を置いたほうが賢明です。

これで失敗したため新聞や雑誌などから銘柄をピックアップすることがなくなりました。

むしろ遮断するためパフォーマンスがのぼりました。

投資のメリットとデメリットを比較

業績が良いからという理由で株を貰う人

業績が良い会社の株を貰うという視点は間違ってはいません。

業績が上がれば配当も貰えるようになりますし、株としての資産にもつながってくる。

しかし、マーケットで評価される株式の値段、つまり株価は、企業価値によっていらっしゃるものであり、ときにその企業価値からのぼりすぎたり、下がりすぎたりといった「かい離」やる株価に着目し、そのかい離が修正して行く動き(水準訂正と言います)にかけて投資をして出向くことが基本戦略になります。

これはこれからの成長株投資であっても、割安株投資であっても同じことです。

しかし、こういう「企業価値」って「市価」のかい離、つまりギャップを見ずして投資を行うこと、これもまたギャンブルになってしまいます。

多くの失敗している方は、こういうギャップを意識せずに株を通しています。

単純に「業績が良いから貰う」という理由もこれにあたり、業績が良い会社の株を買ったとしてもそこに企業価値って買ったときの株価(市価)にギャップが生じていなければ投資妙味はありません。

具体的に言えば業績が良い会社の株を買ったとしても、そこが「企業価値=市価」もしくは「企業価値<市価」で買ってしまっていればそれはいくら業績が良くても上がらない株を手にしているということになります。

ふさわしい銘柄の選び方は「企業価値>市価」の株を貰うということになります。

バイナリーオプション

ごく平凡な人も使える

地方に住んでいたごく平凡なサラリーマンが、何とかして一括払い逆転を図りたいと考え、株式投資を通じてエライ例があります。

それに要した期間は約3年間だ。

元手は100万円という、あまり裕福でない人も、貯金する努力さえすれば用意できる金額だ。

投資と聞くと、まとまった金額の元手が必要になるというイメージを携える人が多いでしょう。

例えば、株式投資の他に、不動産投資などがあります。

こちらの不動産投資も100万円さえあれば始めることは可能です。

その代わり、銀行等からの融資を受ける必要があります。

つまり借金ですね。しかし、不動産投資をするならば、基本的に借金は講じるものであるとしていて結構だ。

株式投資の話に戻しましょう。

100万円となると、単元株価が良い銘柄だと1銘柄か2銘柄くらいしか買えないため、効率良く稼ぐことが難しいだ。

しかし、上場株式の中には低位株と呼ばれる銘柄がいくつかあります。

単元株価が安く数少ない元手も買える銘柄だ。

低位株なら多少失敗してもそれほど痛手ではない

低位株の魅力は短い元手で使えるに関してだけではありません。

株式投資を始めたばかりの頃は、その後上手く行った人であっても多少の失敗をします。

こういうサラリーマンの人も、最初は失敗をしている。

しかし、低位株を単元株数だけ貰うというやり方をしている場合、元々金額が少ないため、失敗してもそれほど大きく損をすることはありません。

例えば、買った金額が2万円であれば半分まで下がっても、損をするのは10000円だけです。

逆に儲かったときの利益もつまらないですが、取引回数を重ねれば、それなりの金額になります。

こういうサラリーマンの人も、最初は低位株で利益を出して行ってため、ある程度売り上げるようになり、単元株価の大きい銘柄を売買するようになりました。

そして、3年間で4億まで儲けることができたそうです。

つまり、時間をかけて株をやれば、確実に勝てるということです。

素人がトレードで成功出来るテクニカル分析のやり方

貸し株サービスというものをご存知でしょうか?これはお客様が持つ株式を証券会社に貸す事で、「貸株料」という手数料収入を受け取れるサービスだ。これまではただもっておくことしかできなかった株式も貸株サービスを使う事で配当・株主優待に次ぐ第3のインカムゲインを得ることができます。特に、株主優待目的で長期投資をしている場合は有利です。
貸し株サービスの概要
貸し株サービスは、株を持っているお客様がその保有する株式を証券会社に貸し出します。そして、株を証券会社に貸した入れ代わりに、証券会社はお客様に「貸し株料」という料金を払います。金額は証券会社や貸す株によってもことなる場合があります。詳しくはこういうページの下部で証券会社別の貸し株サービスの概要を比較していますので参照して下さい。

貸し株サービスのメリット
貸し株サービスは、これまで単にもっておくだけしかできなかった株式によることができる手法だ。従来も大口お客様は「ストックレンディング」などの名称で、これもののサービスがありましたが、小口も可サービスはありませんでした。
ちなみに、株券を証券会社に貸していると、配当金や株主優待を察する権利も証券会社側に移ってしまいますが、多くの証券会社では、権利確定日にはお客様の名義に立て直すというサービスがありますので、それを利用する事で、配当金も株主優待も従来どおり得ることができます。

貸し株サービスのリスク
貸し株サービスのメリットでは、いいところを説明しましたが、リスクやデメリットはないのでしょうか?実は貸し株サービスは、株を証券会社の名義にする結果「分別管理」の対象から飛びてしまうというリスクがあります。通常株式投資の場合、預けてある証券会社が破綻した場合も、お客様の株式などは別管理されているので安全なのですが、貸し株サービスを利用している場合、貸し出していらっしゃる株券は保護の対象外となります。
(もちろん、返って欠けるというわけではなく、返って欠ける場合があると言うことだ)

あと、もうひとつ気をつけたいのが「長期保有優待」がある株主優待銘柄だ。こういうタイプの株は、1年以上、2年以上といった長期保有をする結果、優待内容が格上げするが、貸株によると、株主番号が変わってしまって、長期優待を受けられなくなる傾向ガルのです。
そういった銘柄を持っている場合は貸株取り止めるといったような選択をする必要があります。

バイナリーオプション必勝法

単元株というのは、それぞれの最大手が定めてる株式の単位で、単元株一種につき、株主総会での議決権仲間という計算になり、市場では通常、最低売買単位が単元株となっています。

単元株の単位は各社により異なり、1株、10株、100株、1000株の単位が一般的です。そして、端株は、各社が作る単元株以下の株数のことを指します例えば、単元株が100株の会社の場合99株以下の単位での株式はすべて「端株(はかぶ)」と呼ばれます。

こういう端株(単元未満株)を取引する取引のことを「端株取引」と呼びます。最近では一部の証券会社でこういう端株取引を行っている証券会社があります。

端株取引という株式ミニ投資(ミニ株)の違い
ちなみに、こういう端株取引ものの投資として「株式ミニ投資(ミニ株)」があります。これと端株取引はどのように違うのでしょうか?

端株取引
1株単位で売買ができます。また、株式の名義は投資家本人となります。端株が合計して単位株と同じになった場合には、単元株と同じ扱いとなります。
また、端株の場合、名義人が本人であるため、発行会社が発行する配当金やIR書類、株主優待なども本人に送られます。
※IR=Investor Relationsの略で、投資家向けの情報を意味します。投資家向け広報。

株式ミニ投資
投資単位は単元株の1/10だ。株式の名義は取引をしている証券会社名義となります。名義人が証券会社につき、投資家には直接投資企業からの書類等は送られてきません。ただし、配当金については、持ち株数によって証券会社経由で分配されます。

端株を所有する投資家に株主優待は来る?
では、大きな問題です。端株取引をした場合、たとえ1株もその会社の株主として、その会社は株主に関してIR書類を送ってくる。
もちろん配当金も投資家個人において送られてきます(株数によって)。そして大きなポイントは「株主優待はどうなるのか?」という点だ。
多くの株主優待では、単元株以上の株主に関して○○と指定されている場合も、端株しかもたない投資家について株主優待を贈ってきたケースがあります。つまり、「端株株主=株主優待がない」ということではないようです。
ただし、おんなじ会社でも送られてきた年があったり送られてこなかった年があったりというマチマチなケースもあるようです。

バイナリーオプションのテクニカル分析方法

一部の企業では、単年度ではなく複数年度株主となるため、通常の株主優待に加えて、長期保有優待という特別な株主優待を制度としている会社もあります。長期投資を推進することが目的のようです。非常にお得なところもあるので積極活用しましょう。

長期優待銘柄のリスト
・ビックカメラ
・千趣会
・ヴィレッジバンガード
・モロゾフ

などが、長期保有株主に関する優遇サービスを実施している。
一般的には、複数年数以上株主として登録されているため、特典を受けられます。

要素として「貸株サービス」を使用している場合、保有期間が長い場合もその都度、株主としての登録がリセット受けることがあるそうです。
そんな場合は、貸株提供を停止するなどの対応が必要になりそうです。

バイナリーオプションのコツを掴む方法