単元株というのは、それぞれの最大手が定めてる株式の単位で、単元株一種につき、株主総会での議決権仲間という計算になり、市場では通常、最低売買単位が単元株となっています。

単元株の単位は各社により異なり、1株、10株、100株、1000株の単位が一般的です。そして、端株は、各社が作る単元株以下の株数のことを指します例えば、単元株が100株の会社の場合99株以下の単位での株式はすべて「端株(はかぶ)」と呼ばれます。

こういう端株(単元未満株)を取引する取引のことを「端株取引」と呼びます。最近では一部の証券会社でこういう端株取引を行っている証券会社があります。

端株取引という株式ミニ投資(ミニ株)の違い
ちなみに、こういう端株取引ものの投資として「株式ミニ投資(ミニ株)」があります。これと端株取引はどのように違うのでしょうか?

端株取引
1株単位で売買ができます。また、株式の名義は投資家本人となります。端株が合計して単位株と同じになった場合には、単元株と同じ扱いとなります。
また、端株の場合、名義人が本人であるため、発行会社が発行する配当金やIR書類、株主優待なども本人に送られます。
※IR=Investor Relationsの略で、投資家向けの情報を意味します。投資家向け広報。

株式ミニ投資
投資単位は単元株の1/10だ。株式の名義は取引をしている証券会社名義となります。名義人が証券会社につき、投資家には直接投資企業からの書類等は送られてきません。ただし、配当金については、持ち株数によって証券会社経由で分配されます。

端株を所有する投資家に株主優待は来る?
では、大きな問題です。端株取引をした場合、たとえ1株もその会社の株主として、その会社は株主に関してIR書類を送ってくる。
もちろん配当金も投資家個人において送られてきます(株数によって)。そして大きなポイントは「株主優待はどうなるのか?」という点だ。
多くの株主優待では、単元株以上の株主に関して○○と指定されている場合も、端株しかもたない投資家について株主優待を贈ってきたケースがあります。つまり、「端株株主=株主優待がない」ということではないようです。
ただし、おんなじ会社でも送られてきた年があったり送られてこなかった年があったりというマチマチなケースもあるようです。

バイナリーオプションのテクニカル分析方法