貸株サービス

貸し株サービスというものをご存知でしょうか?これはお客様が持つ株式を証券会社に貸す事で、「貸株料」という手数料収入を受け取れるサービスだ。これまではただもっておくことしかできなかった株式も貸株サービスを使う事で配当・株主優待に次ぐ第3のインカムゲインを得ることができます。特に、株主優待目的で長期投資をしている場合は有利です。
貸し株サービスの概要
貸し株サービスは、株を持っているお客様がその保有する株式を証券会社に貸し出します。そして、株を証券会社に貸した入れ代わりに、証券会社はお客様に「貸し株料」という料金を払います。金額は証券会社や貸す株によってもことなる場合があります。詳しくはこういうページの下部で証券会社別の貸し株サービスの概要を比較していますので参照して下さい。

貸し株サービスのメリット
貸し株サービスは、これまで単にもっておくだけしかできなかった株式によることができる手法だ。従来も大口お客様は「ストックレンディング」などの名称で、これもののサービスがありましたが、小口も可サービスはありませんでした。
ちなみに、株券を証券会社に貸していると、配当金や株主優待を察する権利も証券会社側に移ってしまいますが、多くの証券会社では、権利確定日にはお客様の名義に立て直すというサービスがありますので、それを利用する事で、配当金も株主優待も従来どおり得ることができます。

貸し株サービスのリスク
貸し株サービスのメリットでは、いいところを説明しましたが、リスクやデメリットはないのでしょうか?実は貸し株サービスは、株を証券会社の名義にする結果「分別管理」の対象から飛びてしまうというリスクがあります。通常株式投資の場合、預けてある証券会社が破綻した場合も、お客様の株式などは別管理されているので安全なのですが、貸し株サービスを利用している場合、貸し出していらっしゃる株券は保護の対象外となります。
(もちろん、返って欠けるというわけではなく、返って欠ける場合があると言うことだ)

あと、もうひとつ気をつけたいのが「長期保有優待」がある株主優待銘柄だ。こういうタイプの株は、1年以上、2年以上といった長期保有をする結果、優待内容が格上げするが、貸株によると、株主番号が変わってしまって、長期優待を受けられなくなる傾向ガルのです。
そういった銘柄を持っている場合は貸株取り止めるといったような選択をする必要があります。

バイナリーオプション必勝法