業績がいいというだけで株を買う人

業績が良いからという理由で株を貰う人

業績が良い会社の株を貰うという視点は間違ってはいません。

業績が上がれば配当も貰えるようになりますし、株としての資産にもつながってくる。

しかし、マーケットで評価される株式の値段、つまり株価は、企業価値によっていらっしゃるものであり、ときにその企業価値からのぼりすぎたり、下がりすぎたりといった「かい離」やる株価に着目し、そのかい離が修正して行く動き(水準訂正と言います)にかけて投資をして出向くことが基本戦略になります。

これはこれからの成長株投資であっても、割安株投資であっても同じことです。

しかし、こういう「企業価値」って「市価」のかい離、つまりギャップを見ずして投資を行うこと、これもまたギャンブルになってしまいます。

多くの失敗している方は、こういうギャップを意識せずに株を通しています。

単純に「業績が良いから貰う」という理由もこれにあたり、業績が良い会社の株を買ったとしてもそこに企業価値って買ったときの株価(市価)にギャップが生じていなければ投資妙味はありません。

具体的に言えば業績が良い会社の株を買ったとしても、そこが「企業価値=市価」もしくは「企業価値<市価」で買ってしまっていればそれはいくら業績が良くても上がらない株を手にしているということになります。

ふさわしい銘柄の選び方は「企業価値>市価」の株を貰うということになります。

バイナリーオプション