成功例をまねる

ごく平凡な人も使える

地方に住んでいたごく平凡なサラリーマンが、何とかして一括払い逆転を図りたいと考え、株式投資を通じてエライ例があります。

それに要した期間は約3年間だ。

元手は100万円という、あまり裕福でない人も、貯金する努力さえすれば用意できる金額だ。

投資と聞くと、まとまった金額の元手が必要になるというイメージを携える人が多いでしょう。

例えば、株式投資の他に、不動産投資などがあります。

こちらの不動産投資も100万円さえあれば始めることは可能です。

その代わり、銀行等からの融資を受ける必要があります。

つまり借金ですね。しかし、不動産投資をするならば、基本的に借金は講じるものであるとしていて結構だ。

株式投資の話に戻しましょう。

100万円となると、単元株価が良い銘柄だと1銘柄か2銘柄くらいしか買えないため、効率良く稼ぐことが難しいだ。

しかし、上場株式の中には低位株と呼ばれる銘柄がいくつかあります。

単元株価が安く数少ない元手も買える銘柄だ。

低位株なら多少失敗してもそれほど痛手ではない

低位株の魅力は短い元手で使えるに関してだけではありません。

株式投資を始めたばかりの頃は、その後上手く行った人であっても多少の失敗をします。

こういうサラリーマンの人も、最初は失敗をしている。

しかし、低位株を単元株数だけ貰うというやり方をしている場合、元々金額が少ないため、失敗してもそれほど大きく損をすることはありません。

例えば、買った金額が2万円であれば半分まで下がっても、損をするのは10000円だけです。

逆に儲かったときの利益もつまらないですが、取引回数を重ねれば、それなりの金額になります。

こういうサラリーマンの人も、最初は低位株で利益を出して行ってため、ある程度売り上げるようになり、単元株価の大きい銘柄を売買するようになりました。

そして、3年間で4億まで儲けることができたそうです。

つまり、時間をかけて株をやれば、確実に勝てるということです。

素人がトレードで成功出来るテクニカル分析のやり方