余った株主優待を売る

食品系の株主優待なら食べたりすることで消費されるケースが多いですが、商品券、割引券、優待券などは期限が定められていたりすることもあり、場合によっては期限切れ=無駄になってしまうことも多いのではないでしょうか?こうして余った株主優待は早めに売却して効率的に処分しましょう。

株主優待のうち売却に適したもの
株主優待の中でも売却に適したもの(換金性のおっきいもの)は以下の通りです。

ギフトカード類(ただ譲る必要はないかも)
交通割引券(鉄道・バス・航空機など)
テーマパーク・映画等の入場券等(無料券)
その他期限が定められている割引券
基本的にはそういったものが、売り易いものとなります。(1)のギフトカード類は通常期限などがありませんので、そういった期限の無いものは取り扱うまでとっておくというのでもよいでしょう。

ただし、(2)以下の割引券、入場券、無料券などの類は通常、利用期限が定められています。利用する予定があればそのままとっておいてもいいのですが、多分使わないけど、もしかしたら扱うかもしれないからとっておこう、と考えているのであれば、早めに売って仕舞うことをオススメします。

期限のあるものは期限間近には買い叩かれる
こんな期限のある優待券、無料券、割引券などは利用期限が少なくなるほどその魅力が低下します。結果として「ほしい」という人の数が少なくなり、結果として買い叩かれてしまう。
そのため、扱う予定が無く換金性が大きい商品はある程度前もって並べるようにすれば、売れないは僅かでしょう。

販路は金券ショップ?ネット競売?
こんな取り除ける(余った)株主優待の販売は金券ショップといったネットオークションのどちらがおすすめでしょうか?

個人的にはネットオークションをおすすめしていらっしゃる。理由としては、金券ショップの場合はどうしてもショップの抜き分が存在するためです。金券ショップは事業ですから、売り手といった買い手の値段に差をつけて利益を抜いていらっしゃる。
一方でネットオークションの場合、売り手という買い手が直接取引することになるので、理論的にはそのサヤ分得をすることができます。
また、業者ではスゴイ買い取ってくれない商品についてもネットオークションでは買い手が現れる可能性も高いという点があります。

カードローンは返済計画が大切